「スッカナと只見線」

ストーリー:

スッカナをかじりながら、畑からの帰り道です。

コメント:

子供の頃、お母ちゃんの畑仕事によく付いて行きました。たいした手伝いもしなかったのですが楽しかったのを覚えています。只見線は本数が少ないので時計のように時間を知らせてくれます。生活に寄り添ってくれている只見線です。

ロケーション:
金山町大志
画材:

色鉛筆、 BBケント

サイズ: 317×410mm
inserted by FC2 system