1つ1つの石ころは、いつどこから来て、何故この場所にいるのでしょうか。きっと人間なんかよりも、ずっと昔からこの地球を見ている事でしょう。
そんな石ころ達は、みんな個性的な色や形をしています。石ころの人生に思いを馳せ、様々な事を想像しながら描くのは、とても楽しいものです。
会話するように1つのモチーフと向き合いたいと思います。

 

  スーパーに行く道の石ころ  
 
毎日のように通る道の石ころ達。急激に開発の進むこの辺りをどんな思いで見つめているのでしょうか?あのダンプカーに乗せられ、どこか遠くへ旅に出るかもしれな
いと予感しているかもしれません。

 

画材:色鉛筆/BBケント

 

 

 

inserted by FC2 system