「歳の神」

小正月・1月15日に大志八幡神社で行われます。

ストーリー:

神柱に、わら、かや、お正月飾りやおふだなどを巻き付け燃やします。歳の神の炎は、冬の空と雪と、そして人々の笑顔をやさしく照らしてくれます。この火で焼いたお餅を食べると、今年1年風邪をひかずに健康に過ごせるといわれます。ちょっと焦げたお餅が、とても美味しいのです。

コメント:

歳の神の炎とともに、そこに集う人々をたくさん描きたいと思いました。絵を観てくださった方々も、「○○ばあのようだ。○○じいのようだ〜。」と親しみを持ち楽しんで観て下さいます。遠い昔から続く、神と人々を結ぶ行事が故郷には数多くあります。今後も、その貴重な場面 を描き残してゆきたいと思います。

ロケーション:
金山町大志、八幡神社
画材:

色えんぴつ・パステル・ガッシュ、BBケント

サイズ: 515×728@
inserted by FC2 system